九州は佐世保から嫁いできた女房が、陶芸教室に通い始めたのは2008年の事でした。

 それに触発され、お店で飾ったり使ったりするものを自分も創ろうと思う様になりました。
 その後、どんどん変てこな作品が増え収拾がつかない状態に・・・。 (@_@;)

 でも、どんな作品であっても創ると見せたくなるのが、これまた人情!
 そこで、思い切って私達夫婦ふたりの作品を紹介していきたいと思います。

 ご覧頂いたお客様には、一笑に付して頂ければ幸いです。 ^^:

鰻の墨絵2点は、トイレ・飾り棚・2F暖簾に飾っています (夫作)

 

編み込み(妻作)

レジ前に鎮座しているのは、私の器です。 (=^・^=)
蒲焼が仕上がった後、ウナギの背ビレの部分を切り離します。
そのヒレをお客様にお分けしていますが、その包みの入れ物になります。
割れちゃう確率が高いと思っていましたので、完成して嬉しい〜 ^^
 
   

蓋物(夫作)

初めての蓋物です。 ^^;
3時間余で20個創りました。
その後の釉薬掛け等も短時間でネ! ( `ー´)ノ
ザックリとしていて、かなりお気に入りの作品となりました。 (´▽`*)
 
   

泳ぐうなぎ(夫作)

珍しく・・・ 完全に飾物です。 (´▽`*)
陶芸を始めた頃に同じ様な作品に挑戦しましたが、敢え無く撃沈!
再度挑戦しましたが、今ひとつって感じでしょうかネ〜 (◎_◎;)
ガラスを流し込んで、水面を表現しています。
 
   

うなぎ家族(夫作)

うなぎ好きの子供のお客様に差し上げようと創りました。 ^^;
かなり小さいウナギも居ますので、何処かへいっちゃうかもしれませんネ〜
喜んで貰えれば、それで良いですけど・・・ (●´ω`●)
 
   

手袋の中のウナギ達(夫作)

手袋から顔を出しているウナギ達の作品です。
布団の様に重ねた隙間から顔が見え隠れしていますが、
実はランプシェードとして創った作品です。 ^^;
手首の方から小型LED電球を入れます。 (*´▽`*)
 
   

くまもん(妻作)

夫のキティちゃんに対抗して創ったのが ”くまもん ”です・・・ ( `ー´)ノ
勿論、使うのはご来店頂いたお子様となります。
人気のくまもんですが、子供達にブタって言われそうで怖い・・・ ^^;
ぶたもんってキャラクターは居ませんよネ〜 (*´▽`*)
 
   

うなぎのバナナボート(夫作)

うなぎの上に子供が3人乗っています・・・ ^^;
そうです・・・ バナナボートをイメージしました。
うなぎのアゴの部分には、水を切り裂く波も施しています。
ですので、持ち上げてみるとチョットだけ青くしています。
 
   

傘立て(夫作)

大作が完成しました・・・ ^^
でも、制作時間は1時間30分位でした〜
もともとあった傘立てに土を張り付けただけですのでネ!
そのままでは寂しいと思い、荒縄を縛り付けてみました。
 
   

鰻(夫作)

以前の作品で、筆で鰻の文字をあしらった作品を創っていますが、
今回はコテで削り込んでみました。
こちらの方がシブイので、気に入っています。 (@^^)/~~~
 
   

一輪挿し(夫作)

トイレの一輪挿しを創りました。
本体と底を別々に創り、中にビンを入れる構造となっております。
が・・・ 以外と小さいビンしか入しませんでした。 (@_@;)
安定を考え過ぎましたネ〜
 
   

キティーの小皿(夫作)

当店では、お子様用の取り皿を用意しています。 
お母さんと分けて食べるお客様が多いからなのですが、
市販の小皿では寂しいと感じていました。 ((+_+))
そこで、創ってみた次第です。
使い勝手は悪いと思いますが・・・ (~_~メ)
 
   

漬もの皿2(夫作)

食器は洗浄機を使いますので、どうしても端っこが割れたりします。
そこで、耐久性重視で創りました。
白っぽい釉薬には、当店の備長炭の灰が入っています。 ^^V
 
   

うなぎの絵 (夫作)

余った土をぺったんぺったん・・・
指で違う色の土をぺろっと・・・
一応、うなぎの絵なんです〜 ^^;
制作時間は15分位でしたが、
大きいので割れない様に運ぶのが大変でした。
 
   

お香立て (妻作)

陶芸を始めたばかりの頃に創った作品です・・・。
当家では冬にしか使いませんので忘れていました。
こんな作品でも、自分で創ると愛着が沸くものですネ! ^^
 
   

当店のうなぎ達 (夫作)

傘立を制作中なのですが、そこへ飾りとして貼り付けようとして制作しました。
しかし、無理との判断により、壁飾りとなりました〜 
当店の社員が力を合わせている姿を表現したつもり・・・です。 ^^;
 
   

ティッシュ BOX 2 (妻作)

ティッシュBOXの二作目です・・・。
当店では、一階のトイレは男女兼用のトイレとなっていますので、
女性の方用に大皿と同じ土で創りました。 
男性は使わないと思いますので・・・ ^^;
 
   

うなぎの箸置き 3 (夫作)

うなぎの箸置きもかれこれ三作目となりました。(^^♪
陶芸教室の生徒さんの作品をお店で販売していますが、
その作品群に混じって置いておくと・・・売れちゃったりします。
人間って、不思議! ^^;
 
   

ティッシュ BOX (妻作)

二階の女性トイレ用に創りました。^^
ポケットティッシュの大きさしかありませんので、邪魔になりません。
使い勝手は良くありませんので、飾りの要素が高いです。 (@^^)/~~~
 
   

デザートカップ 2(夫作)

以前に創ったデザートカップはチョット小目でした。
という事で大きく作りなおりましたが、前の方が気に入っています。 (~_~メ)
 
   

うなぎの箸置 2 (夫作)

今回は一作目の箸置より、渋めに仕上げてみました。^^
でも、表情が分かりにくいですネ・・・! (@_@;)
 
   

TOYOTA2000GT 3(夫作)

2000GTの三作目です・・・。
これで、三兄弟が揃いました〜! ^^
其々、作風が違っていますので良いですネ〜
自分で言うのもなんでけど・・・ (*^^)v
 
   

TOYOTA2000GT 2(夫作)

2000GTの二作目です・・・。
この車の大好きな後姿を夜をイメージして創りました。 ^^V
二作目も高〜い額に入れて飾っています。 (~_~メ)
 
 

TOYOTA2000GT(夫作)

自分は、トヨタ2000GTが大好きです・・・。
2012年には二台創っていますが、今回は壁掛けにしてみました。
思った通りの良い感じに仕上がりましたが、
額はかなりお高いんです。($・・)/~~~
 
 

灰 皿 (妻作) 

かなり前に創ったのが、こちらの灰皿です。
紹介し忘れていましたので、今頃のUPと相成りました。 ^^;
と言いますのも、2015年10月2日より完全に禁煙となるからです〜!
今までは、二階のお部屋を個室で利用時のみ喫煙可でしたが、
今後は完全に禁煙となります。
って事は、こちらの作品も不要となります。 (-_-メ)
苦労して創ったのに・・・ネ!
 
 

うなぎの楊枝立て 2 (夫作)

2013年にも楊枝立てを創りましたが、
口元が開き気味でしたので、楊枝が広がって使い勝手が悪い上、
不安定になって転んでしまう事もありました。
社員からは白い目で見られていましたので (T_T)/~~~ 再度挑戦しました。
今回は問題点をクリアしていますし、シッポも付けました。
多分、可愛さは倍増だと思いますがどうでしょ! ^^V 
 
   

醤油の小皿 2 (妻作)

楕円の小皿を創りました。
四角小皿は、角が割れ易いと思い角を取りました。
更に、四角の小皿よりも重なりが良いと思います。
主に、「白焼丼」や「まぶし丼」の醤油小皿として使っています。

 
   

醤油の小皿 1 (妻作)

四角い小皿を創りました。
重なりが悪いので、大勢さんの時には違う小皿を使おうと思っています。
主に、白焼の醤油小皿として使っていますが、
箸置きにすると転がり落ちませんので、使い勝手が良いですネ! ^^;
 
   

多目的皿 (夫作)

一枚あたり5分で創ったお皿です〜! ^^;
土を棒で伸ばして、ペッペッって叩いて完成〜。
陶芸って、手間暇掛ければ良いってもんじゃ〜ありません。
こんな作品でも、とても気に入っていたりしますからネ・・・。
何にでも使えそうでが、何にも使わないってケースもありそうな予感!
 
 

グラタン皿 (妻作)

家族用にグラタン皿を創りました・・・。
が、最近は油が多い料理は好まなくなりましたネ! ^^;
う〜む、何に使おうか考えた末、ケーキ皿になりました。
ラップもし易いです・・・。 (@^^)/~~~ 
 
 

小鉢用の平皿 (妻作)

夫が創ったデザートカップやガラス製の器、
はたまた小鉢なんかをを乗せる ”おにぎり” 形の平皿を創りました。
お皿の上に懐紙を敷いて使います・・・。 
 
   

そば皿 (妻作)

夫が蕎麦好きなので、そのお皿を創りました。
蕎麦でお皿が見えなくなっていますが・・・ ^^;
楕円形のザルを乗せられる様に、かなり窪ませてあります。
そのザルは、お蕎麦で有名な戸隠で購入したものです。
結構・・・お高いです。 ($・・)/~~~
肝心のお蕎麦は、勿論、夫の手打ですとなります・・・! 
 
 

漬けもの皿(夫作)

当店で・・・、
妻が漬けた季節の漬け物を一年を通じてお出ししています。
その漬け物用に創りました・・・。
思っていたよりも漬け物が生えます! (*^^)v
因みに、茶色に見える部分は、当店の井戸から出る鉄分を塗りました。 
 
 

丸皿 (妻作)

完全に家庭用で創りました・・・。
淵の凹んだ部分のハート形は緑色になる予定でしたが、あえなく撃沈・・・。
再挑戦するかどうかは未定です。 (T_T)/~~~ 
 
   

うなぎの小皿 (夫作)

白焼の醤油小皿にと思って創りましたが、
分厚い上にウナギ達がくっついて邪魔になりました。
よって、栓抜き置きとなりました。 <(`^´)>
 
 

うなぎのランプシェード 2(夫作)

以前にも創りましたが、ランプシェードの新作です。
雪が積もっている様子をイメージして、屋根を創りましたが、
素焼の時に外れてしまいました。
でも、何とかくっつけて完成にこぎつける事が出来ました・・・。
 
 

うなぎのお風呂 (夫作)

ティーカップのお風呂で、鰻のカップルが戯れています。
男の子の頭の上にはタオルが乗っかっていますヨ〜。
カップの中にはガラスを入れて焼き上げていますので、
お風呂の雰囲気が出ていますでしょうか!
かなりヒビが入っちゃいましたけどネ・・・。 (~o~) 
 
   

だしまき大皿 (妻作)

だしまき用の大皿を創りました。
卵の上から餡をかけますので、淵を上げています。
でも、これはだしまきの大(卵4個分)のサイズ用です。
特大(卵8個分)のだし巻きは、流石に市販の器で対応しています。
 
   

帽子 と うなぎ (夫作)

女の子の帽子の下から、ウナギ達が顔を出している様子です。
お客様の反応は・・・
> 亀・・・?
って言われたりしています。

Oh My God ! (>_<)
 
   

緑淵の小皿 (妻作)

家庭用小皿を創りました。
緑の淵が良い感じになりましたので、気に入っています。
厚目ですので割れませんし・・・。 (@^^)/~~~
よって、登場回数は一番多くなっています。
 
 

デザートカップ (夫作)

コース料理の小鉢として使う為に創りました。
デザートカップにもなりますネ! 
妻が創った平皿の上に懐紙を敷き、その上に乗せても使っています。
ざっくり感が好きですネ・・・。 !(^^)! 
 
 

うなぎの楊枝立て (夫作)

店内のテーブルの上に置いている、うなぎの楊枝立てです。
お客様には・・・
> パンダ・・・?
って言われたりしていますが・・・
これまた不思議な事に、欲しいっておっしゃるお客様もいたりして・・・。
人間の感性って、複雑ですネ〜。  (*^^)v 
 
 

うなぎの寝床 2 (夫作)

こちらは、縦型のうなぎの寝床です。
夏季にはレジ横に冷水機を設置しますが、
そのグラスの真ん中に作品を置いています。 
評判は上々・・・。 \(^o^)/ 
 
   

うなぎの寝床 1 (夫作)

古株の間から、そーと顔を出すウナギ達の様子です。
木の表面を、ケーキのブッシュドノエルみたいにしたかったのですが、
チョット無理がありました・・・。 ((+_+))
 
 

大皿と中皿 (妻作)

大皿は家庭用に創りました。
でも、コース料理でお客様にお出しする事もありますヨ!
中皿は主に、キモ焼用で頻繁に使っています。 ^^
 
 

御猪口二点 (夫作)

木製の土台に穴を開け、三角錐のグラスを差し込んだお土産があります。
その形を参考にして、こんな御猪口を創ってみました。
酔っ払ってそのまま置くと・・・ ひっくり返ります・・・ (@_@;) 
 
 

うなぎの箸置き (夫作)

うなぎの箸置きを大量生産・・・。
2Fでの会食時に使おうと思い、創る事にしました。
ま〜、話題性を最優先って事で・・・。 (^.^)/~~~ 
 
 

うなぎ二兄弟 (夫作)

当店では、5代目の自分達夫婦と私の弟が中心となりお店を切り盛りしています。
そんなこんなで、兄弟のうなぎ達を創ってみました。
どっちが兄で、どっちが弟でしょうか・・・? 
 
 

TOYOTA 2000GT (夫作)

自分は、2000GTのファンです。
作品に出来ないかと思い続けていましたが、こんな感じで仕上がりました。
ザックリ感が良いと思いますが、どうでしょ! (^^♪ 
 
 

鰻 (夫作)

鰻の文字を作品にしてみました。
文字の周りを削って立体感をだしたつもりです。
手前のウナギは、食品のサンプル工場で買ってきたものです。 
 
 

ランプシェード (夫作)

うなぎ達があちこちから飛び出しているランプシェードです。
お客様からは・・・
> ブタ・・・? とか
> カエル… とか
> ナマズ・・・? とか
言われてます。 ($・・)/~~~ 
 
 

おじぞうさん (夫作)

陶芸作品によくあるのが、おじぞうさんです。
自分も挑戦してみました・・・。
雨が降っているイメージで、受け皿を作って青いガラスを流してみました。
後で気が付いたのですが、六地蔵ではなく五地蔵となっています。 
 
   

祈 (夫作)

東日本大震災を受けて、気持ちを込めて創った作品です。
顔には祈りの文字を入れました。
カップ状になっていますので、3月11日にはロウソクを灯して祈ります。
後ろでは、うなぎ達が楽しそうに遊んでいます。
 
 

鰻 登 (夫作)

滝を登るウナギをイメージして創りました・・・。
うなぎの色を変えれば良かったです。
何処に居るのか分かりませんからネ〜。 (−−〆) 
 

デザートカップ (妻作)

アイスクリーム等の器をイメージして創りました。
下部に三つの足が付けてあるのですが、不安定でコロっとなります。
足を四つにすれば良かった・・・。 (;_;)/~~~
 

うなぎ 3兄弟 (夫作)

自分の処女作です・・・。
気に入っていますので、お店の飾棚に置いています。

 

親子の絆 (夫作) 

ご近所の日帰り温泉に、沢山のコケシが飾ってあります
そのコケシを参考にして創ってみたのがこの作品です。
お母さんの左目が釉薬で埋まってしまいました。 (+_+)